カロバイ+ 効果なし?

カロバイ+は妊娠中や授乳中でも利用できる?

カロバイ+は妊娠中とか授乳中って飲んでも大丈夫なのでしょうか。

 

 

カロバイ+は妊娠中でも大丈夫?

 

 

妊娠中も授乳中も、体も心もとってもデリケートな状態の時ですね。詳しく見てみましょう。

 

 

カロバイプラスの公式サイト

 

 

妊娠中でも痩せなさいと言われたら…

 

基本的に妊娠中は赤ちゃんをお腹の中でしっかり育てるためにダイエットはしません。

 

でも、時には少し体重が増えすぎてしまい、妊娠中毒症の心配や、出産時に赤ちゃんが産道を抜ける時に苦労する可能性があるなどの理由で担当医から体重を落とすように言われることもありますね。

 

そんな時、カロバイ+って飲んでも大丈夫なサプリメントなのでしょうか?

 

やはり妊娠中ともなると、激しい運動をするとか食事制限をするダイエットは赤ちゃんのことを考えると難しいですね。

 

それなら飲むだけで痩せられるカロバイ+ならうまく痩せられるかもしれないと考えがちです。

 

しかし、実は妊娠中にカロバイ+を飲むのはお勧め出来ません。

 

主成分の1つに【緑茶カテキン】がたくさん配合されているからです。この緑茶カテキンに赤ちゃんの健康を損ねる危険性があります。

 

あなたも「妊娠中は緑茶は飲まないほうがよい」と言われたり聞いたりしたことはありませんか?

 

妊娠中って緑茶に限らず珈琲とかハーブティなど、色々と制限が増えてしまう時期です。

 

普段の生活の中では何ら問題ない成分ですが、妊娠中となると話が違ってきます。

 

そのため、カロバイ+を使うのは出産後しばらくしてからにしましょう。

 

出産後なら、お腹の中の赤ちゃんに関するトラブルを気にすることなく使用できます。

 

公式サイトに用意されている定期コースは解約だけでなく、【一時休止】にも対応しています。そのため妊娠前に定期購入を始めたのでどんどん手元にカロバイ+を飲めずに溜め込んでしまうということはありません。
※ただし、最低4回は継続購入するのが条件です。

 

つまり、子供を作る予定があったとしても、途中で解約しなくては…と考えなくても出産後まで中止しておけるので最初から定期コースを利用して問題ないですね。

 

 

カロバイプラスの公式サイト

 

 

授乳中でもカロバイ+は飲むことができるの?

 

それでは出産後なら授乳期間でもカロバイ+は飲むことのできるサプリメントなのでしょうか?

 

出産後の崩れたボディラインをスリムにするために使えたら便利と考える方もいると思います。副作用のリスクが少ないダイエットサプリということで、一見すると時期を選ばず使えそうですよね。

 

激しい運動が要らないという点も出産後のタイミングには嬉しいポイントです。

 

しかし、基本的にカロバイ+は妊娠中と同じく、授乳中にも飲むべきではないサプリメントと言えます。

 

その理由の1つが先程もお伝えした豊富に含まれている緑茶カテキンです。緑茶カテキンはスリムアップをサポートしてくれる優れた成分なのですが、葉酸の働きを妨げるデメリットがあります。

 

葉酸は妊娠中や授乳中に必要不可欠とされており、不足すると赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性のある栄養素です。葉酸は普通に生活していても不足しがちで、サプリメントで補給するという人が珍しくありません。

 

そのため、カロバイ+を飲み続けていると葉酸不足に陥る可能性がかなり高く、リスクが大きいのです。安全を確保するためにお子さんの離乳食が順調になるなど乳離れしてから飲むことを再開した方が良いでしょう。

 

どうしても活用したいのであれば、自分で勝手に判断せずに担当医に相談した上で使うことをおすすめします。

 

 

カロバイプラスの公式サイト

 

 

カロバイ+は効果なしって本当!?痩せない理由を探ってみたのトップページに戻る

 

 

ページの一番上に戻る

 

page top